Happy Fruit Life フルーツのおいしい話 by Berry cafe: 産地レポート
-->

2012年01月20日

幸せのレインボーキウイハート

ブログをご覧の皆様、こんばんはぴかぴか(新しい)
今週も一週間頑張ったフルーツプランナーでするんるん

先日、愛媛県西条市産のレインボーキウイをカットしたら、、、
picsay-1319165269.jpg ハートキウイ.jpg
何と芯が黒ハートの形をしていて、とってもHappyな気持ちになりましたグッド(上向き矢印)
もったいなくて食べるのに躊躇しましたが、しっかりと自然の恵みをいただき体の中に閉じ込めましたぴかぴか(新しい)
以前『ベルリンレポート 最終回』でご紹介したヘイワード種も、芯がハート型だったのを覚えていますか?

レインボーキウイは、芯の周りに赤いアントシアニンが集まっており、酸味が無く、甘みがとても強い品種です。
外見は一見普通のキウイに見えますが、一般的なヘイワード種と比較すると、外皮にうぶ毛が無くつるっとしています。
イガイガ感のもとである『アクチニジン』は、お肉を柔らかくしたり消化を促進する効果が期待できる『タンパク質分解酵素』が一般的なヘイワード種に比べて少なく、濃厚な甘みがある為、食べた感想は
「キウイじゃない」みたいひらめき
個人的には、まるでぶどうのような味にも思えます。
レインボーレッド.jpg

こちらのレインボーキウイは3月頃まで限定店舗にてタルトを展開しておりますので、詳しくはご利用店舗にお問い合わせ下さい。
※タルトのデザインは店舗により異なります。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さいるんるん
posted by berry-cafe at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 産地レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

美味しいイチゴの季節になりましたハート

ブログをご覧の皆様、こんにちはるんるん
遅くなりましたが、私フルーツプランナーは本年も皆様に美味しいフルーツをお届け出来るように東奔西走して頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致しますぴかぴか(新しい)

早速、今年も先週末にイチゴの産地へ行ってきました新幹線まずは三重県の鳥羽へ。
『レッドパール』(左)『かおり野』(右)という品種のイチゴの産地です。
picsay-1326356310.jpg picsay-1326356575.jpg
『レッドパール』
その名の通り中まで鮮やかに赤く、甘み・酸味・香りのバランスが良いのが特徴。
『かおり野』
約3年前にデビューしたばかりの三重県オリジナル新品種で、ジューシーで酸味がほとんど無く、爽やかな甘みが特徴。
個人的な感想は「まるでマスカットのよう」、イチゴなのにイチゴじゃない、とても不思議で美味しいイチゴでしたexclamation×2
どちらの品種も関東では出回っておらず、これから期待できる品種です。
今年タルトにする時には、また皆様にこちらのブログ等でお知らせしたいと思いますので、もう少しだけお待ち下さいグッド(上向き矢印)

翌日は昨年もお邪魔した、特大いちご『美人姫』の産地である岐阜県へ新幹線
(昨年の産地レポートは→こちら)
今年も元気いっぱいに育っていましたぴかぴか(新しい)
picsay-1326438087.jpg picsay-1326438184.jpg
大きな粒だと、何と約100gもあるんですexclamation×2exclamation×2exclamation×2
これだけ大きな粒を収穫の時まで支える為に、根元も茎も通常のイチゴの苗に比べてしっかりとしており、太いのです。
picsay-1326438333.jpg picsay-1326438276.jpg

美人姫のタルト.jpg
この美人姫を使用したタルトは、数店舗で展開中なので、詳しくはご利用店舗へお問い合わせ下さい。
※タルトのデザインは店舗により異なります。
posted by berry-cafe at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 産地レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

えひめスイーツコンテスト2011

ブログをご覧の皆様、こんにちはるんるん
今日は先月開催された『えひめスイーツコンテスト2011』で奨励賞をいただいたベリーカフェ千葉そごう店尾留川シェフより当日のreportが届いておりますのでご紹介致しますぴかぴか(新しい)

初めまして、ベリーカフェ千葉そごう店で毎日美味しいタルトを作っている尾留川です。
本日は『えひめスイーツコンテスト2011』の様子をご紹介します。
7月より作品のエントリーが開始され、9月末に入賞のお知らせが来ました。
入賞作品を10/20に愛媛県松山市にて最終選考、各賞が決定します。
当日の朝10:30迄に会場へ30名分を提出し、その後審査員の方々が試食し13:30より結果発表。
前日に愛媛県入りし、西条市にあるヤマサ園芸さんへタルトで使用するいちじくを取に行きました。
いちじくは人気のあるフルーツなのでタルトではよく使いますが、実際に実がなっている状態を見たのは初めてで、とても感動しましたし、より愛着が沸きました。
当日は6時起きで30名分のタルトを作りました。
《当日作成したタルトの様子》
いちじく@.jpg 2011-10-20 10.34.06.jpg
《選考会場の様子》
picsay-1319077797.jpg 428110722.jpg
《結果発表会場の様子》
picsay-1319084342.jpg picsay-1319089104.jpg
13:30〜の結果発表&表彰式会場には約300名の一般公募で応募された参加者の方々がいらっしゃいました。
審査員には有名パティシエの鎧塚さんや和泉さん等がいらっしゃり、とても緊張しました。
コンテストは『学生』『アマチュア』『プロ』の3部門に分かれており、私は『プロ』部門で『奨励賞』をいただきました。
《受賞の様子》
picsay-1320647440.jpg picsay-1319112583.jpg
作品で使用したいちじくを生産して下さっているヤマサ園芸さんの佐伯さんと奨励賞のトロフィーを持って記念撮影。
惜しくも僅差で最終審査に残れませんでしたが、入選した梅田店松居シェフのタルトも会場でパネル写真で紹介されました。

各部門によってそれぞれの良さがあり、学生部門ではプロ顔負けの完成度の高いデザインにビックリexclamation×2
アマチュア部門では、絶対に組み合わせないような斬新なアイデアが満載で新鮮でした。
表彰式後には鎧塚さん、和泉さん、平岩さんのトークショーが開催され、愛媛県産の農産物を使ったスイーツの話で盛り上がりました。

今回のようなコンテストに出るのは初めてで、自分の技術・アイデアの向上にもなりましたし、別の出場者の方々とお話したり、作品を拝見することが出来てとても良い刺激になりました。
今回のこの貴重な体験を今後お店でよりお客様に喜んでいただけるタルトを作ることへ生かしていきたいと思いました。
※入賞作品はいちじくの旬が今季は終了の為、来夏以降に展開する予定ですので、楽しみにしていて下さい。
posted by berry-cafe at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 産地レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。