Happy Fruit Life フルーツのおいしい話 by Berry cafe: 1粒5万円のイチゴ『美人姫』!
-->

2011年01月28日

1粒5万円のイチゴ『美人姫』!

ブログをご覧の皆様、こんばんはグッド(上向き矢印)
スマートフォンに変えたばかりで、使い方に四苦八苦中のフルーツプランナーです携帯電話

今週は特大いちご『美人姫』の産地、岐阜に行ってきました新幹線
このいちご、特大のものは80g以上もあり、お値段何と1粒¥5万exclamation×2exclamation×2
見て下さい、この大きさあせあせ(飛び散る汗)
美人姫1.jpg
『とちおとめ』の果重で平均15〜20g位なので、いかに大きいかがわかると思います。
トマトの中玉位の大きさを想像してもらうとわかりやすいかもしれませんわーい(嬉しい顔)
この大きな実を支える為に、茎がストロー位太いものもありますexclamation×22011-01-25_15.12.20.jpg
この美人姫、特徴は大きさだけではないんです。
色、艶、香り、甘さ、大きさ、5拍子そろっている為、35年間いちごを作り続けてきた生産者の方いわく、
「他にはない奇跡のいちご」
です。
見て下さい、この鮮やかな色と艶ぴかぴか(新しい)
美人姫2.jpg2011-01-25_14.31.19.jpg
食べる前から周囲に甘い香りが漂い、食べた後にも口の中にはその香りが残るので、余韻に浸ることができます。
糖度は平均13度以上あります。(通常いちごの平均糖度は10度前後と言われています。)
この美人姫は甘みが強く、食味が良い岐阜県のブランド品種「濃姫」の長所を残しつつ13年間かけて品種改良して誕生したそうです。
ちなみに名前の由来は、生産者の奥田美貴夫さんの「美」、人と接する「人」、濃姫「姫」からとって「美人姫」。

このブログでも色々のいちごの産地をご紹介してきましたが、こちらの畑では他の畑で見たことがない光景が広がっていましたひらめき
それがこちら。
美人姫3.jpg
花を沢山つけたままなんです。
この花全てが実になるのですが、通常はこれら全部に実をならすと奇形・実が小さい・味が落ちる、等の理由から、摘果して花を減らし正常果・栄養を集中させて大きな実を育てるのです。
…ですが、こちらでは全ての実が大きく、正常果に育ち、味も美味しく育てる技術を開発した為、これら全ての花が美人姫になるのでするんるん
これにはもう、本当に驚くばかりexclamation×2
やはり実際現地に行ってみないとわからないことって沢山ありますし、実際に自分の目で確かめる事って大切ですぴかぴか(新しい)

奥田さんはこの美人姫で岐阜県を世界にアピールしていくことを目標に、一生懸命いちごを作っているそうです。

この美人姫、梅田店で現在限定で展開していますが、今後はその他の店舗でも展開をする予定ですので、楽しみにしていて下さいパンチ

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さいるんるん
posted by berry-cafe at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 産地レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。