Happy Fruit Life フルーツのおいしい話 by Berry cafe: 産地レポート〜アメリカ編B〜
-->

2010年10月28日

産地レポート〜アメリカ編B〜

ブログをご覧の皆様、こんばんはグッド(上向き矢印)
今週はHolloweenがあるので、風邪予防も兼ねてパンプキンばかり食べているフルーツプランナーでするんるん
(お陰様で風邪知らず手(チョキ))

本日も産地レポート〜アメリカ編〜第3弾をお届けしますひらめき

まずはこちら、オーランドにある高級スーパー。生鮮品の展示の仕方が美味しそうるんるん
DSCF3470.jpg
かぼちゃだけでも、色んな品種が取り揃えてあります。
DSCF3472.jpg
フルーツ売場の横には、連動してカットフルーツやジュース、コンフィチュール等が販売されており、手に取りやすくなっていました。
DSCF3468.jpg
ボディーケア用品にも、フルーツを使ったものが沢山ありました。
まるでジュースやコンフィチュールのようですが、ボディーケアミルクやマッサージジェルです。
楽しくケアできそうでするんるん
DSCF3479.jpg
DSCF3480.jpg

オーランドでは、アメリカ最大級の果物・野菜の展示会に行ってきましたexclamation×2
こちらはフルーツの自動販売機。
バナナやカットフルーツを購入できます。日本にもいずれ普及すると思いますが、フルーツをもっと日常的に楽しんでもらうことができるにする一役をかってくれそうです。DSCF3484.jpg
こちらはまるでポップコーンのように間食用のミニトマト。
DSCF3487.jpg

パッケージもスナック感覚でぴかぴか(新しい)
DSCF3488.jpg
パパイヤのカットも、こんな方法があるのが新鮮です。
DSCF3498.jpg

スイカの巨大オブジェ。
DSCF3499.jpg

今年だけでも、2月に行ったヨーロッパ最大級の果物・野菜の展示会、7月に行ったアジアの展示会、今回のアメリカの展示会と、ほぼ世界の主要展示会をチェックしましたが、それぞれ特色がありとても勉強になりました。
世界のフルーツの流れが少し掴めた気がします。
同時に、世界における日本のフルーツは
“ made in Japan のフルーツ”
として、改めて品質の良さを実感し、日本人として誇りに思いました。
日常的に品質の良いフルーツを食べることが出来る事って、とても有難いことなんですよねぴかぴか(新しい)

それでは皆様、素敵な週末をお過ごし下さい揺れるハート


posted by berry-cafe at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 産地レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167476053
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。